服部篤浩展 -定義できない現実-

 

ここに展示してある作品は、私の生まれ故郷の北海道や現在の拠点である横浜や東京、作品の内2点はこの展示場所(ギャラリーオカベ)のある銀座4丁目が題材であり、私に身近な場所をスナップ撮影し、それをもとに描いたものである。

撮影という行為の中で出会い、切り取られるもの。そしてそれを更に描く。この過程で発生する(欠損させると同時に付随させる)ものが画面に登場する色面塊であるメディウム、または「M」。と私は呼んでいる。Mは描かれたイメージとの浮動的な関係として画面に登場している。

いつも写真機は私のイメージを超えた外界の瞬間をありのまま切り取る。私はそれらの切り取られた瞬間を描き、現実世界の在り様を絵画にすることに関心がある。定義できない現実として。

 
 

Hattori Atsuhiro Exhibition ― Indefinable Reality ―

 

These works are based on snapshots of my backyard, at a place in Hokkaido where I lived in my boyhood, and of Yokohama and Tokyo, where I work in my daily life. Two of the paintings, in particular, are based on photos taken around Ginza 4 Chome, where this space (Gallery Okabe) is located.

I encounter reality and crop the image while in the act of shooting. I paint the images further.In this process, the color masses get onto the canvas (which adheres to the original images and spoils them). I call them “Medium” or “M.” M appear on the canvas in a floating relationship between the viewer and the drawn image.

In reality, the camera crops the extrinsic moments that always transcend what I imagine. I am interested in painting those cropped moments and making the states of the real world into art works, as indefinable reality.