服部篤浩個展「透明な街」は11月3日をもちまして展覧会を終了したしました。

お忙しい中、またコロナの影響も収まらぬ中、会場まで足をお運びいただいた皆様に心より御礼申し上げます。また、コロナの影響で来られずも遠方からサポートしていただきました方々、日頃から応援いただいている皆様、お世話になりました横浜市民ギャラリーあざみ野のスタッフの方々にも合わせまして御礼申し上げます。

今回は横浜市民ギャラリーあざみ野の広い展示会場を贅沢に使って作品を展示しました。作品を並べることによって生まれる展示空間は、作品の世界観を伝えるために私にとって大切な要素であるということを改めて学びました。今後に活かしたいと思います。

展覧会場の様子は、会場風景写真や3Dギャラリーなどを当ホームページに掲載する予定です。ぜひこちらも御覧いただき楽しんでいただければ幸いです。

会期中、皆様方からいただきました貴重なご意見ご感想を今後の制作活動に活かし、より良い作品作りを目指して行きたいと思います。今後ともご声援、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。この度は誠にありがとうございました。

2020年11月4日

服部篤浩


服部篤浩個展 − 透明な街 −

本展は「透明な街」と題し、ある街の人々を描いた絵画作品約15点と、街を歩くなかで出会った存在を収めた写真作品約40点を展示します。これらの作品はある時代の透明性についての一考察です。

 

会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室2F全面

日時:2020年10月22日(木)〜11月3日(火)
10:00~16:00
※10月26日(月)・27日(火)は休室

作家は10月24日(土)・31日(土)以外の開催日は在室予定です。24日(土)在室します。

 

オンラインショップにてハガキ等の展覧会のグッズを販売しております。ぜひ御覧ください。
https://hattori.official.ec/

 

 

>>新型コロナウィルス感染症拡大予防の為の施設利用上のご案内(横浜市民ギャラリーあざみ野)

◆入り口の手指消毒液での消毒にご協力願います。
◆氏名・連絡先のご記帳にご協力お願いします。必要な場合保健所等の公的機関に提出する場合がございます。それ以外の目的では利用致しません。
◆プレゼント等の差し入れはお控え願います。

 


 

― 透明な街 ―

 

「大きなる手があらはれて昼深し上から卵をつかみけるかも」北原白秋

 

この街は真昼の静寂さの中にあり続けます。

透明な街は、私が街を歩く中で出会った人々を描くことによって発見された街です。

彼らに注ぐ光は透明で、彼らが落とす影は、その存在など無かったかのように足元からすぐに街に溶け込んでいきます。

誰かの中に自分を探し、誰かの中に自分の影を縫い付けて、自分の存在を確かめる。繋がりの街。