服部篤浩展dm_HP用2

 

服部篤浩展dm裏_HP用

 

btn_map

 
展示は終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、関係者の皆様に暑く御礼申し上げます。
皆様との作品についての語らいは、鋭い視線や思いもよらない見方、的確な指摘、喜び、これら多くの刺激を私に与えてくれました。今回の展示を起点に今後の制作活動を行っていきたいと思います。
変わらぬご声援をよろしくお願い申し上げます。

2016年1月25日
服部篤浩

 


服部篤浩展 -介入する絵画-

 展示作品はすべて、日常のある場面をとらえて描いたイメージ上に、グレイまたはブルーの絵具が塗られ仕上げられています。グレイやブルーの絵具は私がイメージに介入するための媒介物です。私はイメージに介入することによって、元のイメージの意味をずらし、揺さぶります。そうして外界とそれを観る者の作り出す意味との関係の再構築を試みます。それはすべての物事の意味が開かれたものであるということを確認するためでもあります。その行為は例えるなら、冬の日の白く凍った窓ガラスの表面を、冷たい痛みを感じながら手のひらで少しずつ融かす行為に似ています。
 道端に咲く一輪の花は美に関係なくただ在ります。そこに可憐な花の美しさがあったのなら美しさの在処は対象そのものと別のところにあるのです。私は、存在するものがただ在るように、美が意味付けられることを予感させる美以前のもの、開かれた意味を持つ存在そのものとして絵画を作り出したいと考えています。

 
グレイとブルー(媒介物 medium)について

グレイ。
白から黒へと至る無彩色のチャートは、すべての始まりと終わり、生と死、無や無限などを私に連想させる。グレイはその直線上のチャートのどこかの位置に存在する。グレイは絶対的な光と闇の間に位置し、我々の生きる現在である。

ブルー。
青い空・青い海、私にとって青はいつも遠くにあってそれらは捉えることのできない不安と安らぎとを同時に与えてくれる。‎このブルーの持つ距離感は対象のイメージと距離を適切に保つことを可能にしてくれる。私が過去の日を思い返す時、記憶の中の空はいつも青い。

 

Hattori Atsuhiro Exhibition – Intervention Paintings

All exhibits show images from everyday scenes that have been captured and painted in grey or blue. The use of grey and blue is a medium which allows me to show my own interpretation of the image. By influencing the image in this way, I am able to shake up and change the original meaning. I then try to recreate the meaning, as if it was seen by different people looking in from the outside while also leaving the image open to all meanings. If I was to compare this to something, I would say it resembles the feeling of cold pain, holding your hand against the surface of a white frozen window as it gradually thaws.

A solitary flower blooms beside a road; it simply exists and beauty is not important. If the flower has beauty, this is separate from the object itself. In the same way, I want to take existing things and open them up as they are, before showing any potential beauty, and present them as a painting.

 
Why I use Grey and Blue (as a medium)

Grey

Charts showing the range of tones between black to white remind me of the beginning and end of everything, of life and death, of nothing and infinity. Grey exists between these two extremes on the chart and therefore is somewhere between absolute light and darkness. This is where we currently live our lives.

Blue

Blue skies, Blue seas, for me blue always represents something far away that not possible to fully capture, so that it can simultaneously give both peace and anxiety. This feeling of distance that comes with the use of blue as a medium, makes it possible to keep the appropriate image and distance of the subject of the painting. Whenever I recall previous days that have passed, in my memory the sky is always blue.